【らふたす】自己指圧(第3回)

2019.02.14 Thursday 16:35
0

    東習志野高齢者相談センター

    (東習志野地域包括支援センター)

     

    当センターが定期的に開催している

    介護予防・集いの場

    らふたす+ 

     

    2月7日に開催しました。

     

    今回の学習テーマは

    自己指圧

     

     

    講師に指圧・マッサージ師の高田先生をお招きし

    自分で行う指圧についてご講義いただきました。

     

     


     

     

    前々回の自己指圧教室では上半身

    前回は下半身を中心にご講義いただきまして

    今回は「これまでのおさらい」という内容です。

     

     

    WHOでは人体には361の経穴(ツボ)があるとしています。

    指圧はこの経穴を押すことにより「気」(精神状況)と「血」(身体状況)の改善を図ることを特長としています。

     

     

     

     

     

    おなかの指圧は<の>の字を描くようにおこないます。

     

     

    指圧は、およそ6割は経穴(ツボ)を押し、残りは筋肉の付け根を押しているそうです。

    多くの方が体の温まりを実感されていました。

     

     


     

     

    講義のあとはいつものように「遊んで認知症予防」!!

     

     

    参加者が『黒ひげ危機一髪』を寄付してくださいました〜!

     

     

    飛んでしまったら・・・・・やはり・・・・・罰ゲーム・・・・・

     

     

    子ども食堂 平成31年2月開催

    2019.02.09 Saturday 12:58
    0

      こんにちは。ブレーメン習志野です。

      昨日2月の子ども食堂を開催しました。

      この日のメニューは、

      キーマカレー、チキンナゲット、冬瓜とパプリカの野菜スープ、りんごでした。

      チキンナゲットはパルシステム千葉、りんごはご近所の方の寄付品です。

      いつもありがとうございます!

       

       

      この日も開店直後から多くの子どもたちやお母さん、おばあちゃんも来てくれました。

      50食用意していた食事も17時50分頃には完売、店の中もてんやわんや。

      せっかく来てくれたのに食べられなかった子ども達、本当にごめんなさい。

       

       

       

      子ども食堂と一緒に多目的ホールを開放しています。

      食事の済んだ男の子がスカッシュのような新しい遊びを生み出しました(笑)。

       

       

      食事後には恒例となりました折り紙プレゼント、

      来ていただいたボランティアさんと一緒に折り紙を折って楽しんでいます。

       

       

      寒い中たくさんの子ども達がごはんを食べに来てくれました。

      だいぶ食後の後片付けも定着していて、みんな率先して手伝ってくれます。

       

       

      今日お昼ごろのブレーメン習志野、レストランクックの様子です。

      昨日食べにきてくれた子ども達が寒いのに外で雪遊びしていましたよ。

       

      ブレーメン子ども食堂は、毎月第2金曜日に開催しています。

      次回は3月8日の金曜日です。またのお越しをお待ちしています!

       

      にこにこフェスタでラジオ体操・笑学校

      2019.02.07 Thursday 11:43
      0

        東習志野高齢者相談センター

        (東習志野地域包括支援センター)

         

         

         

        2月1日(金)モリシアホールにて「健康」をテーマにした初の試み

        「パルシステム千葉 にこにこフェスタ」

        が開催されました。

         

        この企画は試食や食情報を通じて食を見直すことや

        体操体験などを通して健康について考えるイベントで

        お子様からご年配の方までの毎日の健康づくりに役立てていただくことを目的としています。

         

        パルシステム千葉の利用者をはじめ、組合員ではない方も無料で参加できるイベントです。

         

         

        当センターは、ステージイベントの「ラジオ体操」と

        体力測定・笑学校(しょうがっこう)紹介ブースでご協力させていただきました。

         

         

        「笑学校」

        住民主体の介護予防の場で

        当センターが立ち上げ支援・後方支援しています。

        現在6会場運営されており、パルシステム千葉習志野センターでも

        「パル習志野笑学校」が運営されています。

         

         

         


         

         

        体力測定・笑学校紹介ブースは

        「パル習志野笑学校」の担い手の方々が中心となり、私たちはそのお手伝い。

         

        笑学校の紹介では、基本プログラムの中から

         ・いきいき百歳体操

             (おもりを使った筋力トレーニング)

         ・4色あしぶみラダー

             (認知症予防運動/コグニサイズ)

        を来場者に体験をしていただきました。

         

        おもりの入ったバンドを手首や足首につけてゆっくり動かします!

         

         

        課題に従って歩くことで頭と体を同時に使います!

         

         

         

        体力測定では「握力」「開眼片足立ち」「TUG(3m往復歩行)」のほか、体組成計を使ってBMIの測定なども行いました。

         


         

         

         

        ステージイベントでは午前と午後の2回にわたり

        1級ラジオ体操指導士でもある当センタースタッフがラジオ体操第一の指導をおこないました。

         

         

        ラジオ体操は正しく行うことで、より効果的な運動になります!

         

         

         

        ラジオ体操の参加者には、かんぽ生命船橋店よりご提供いただいた

        オリジナルメジャーをプレゼント!

         

         


         

         

        ステージではラジオ体操のほか

        ♦てんとうむし体操

           (習志野市オリジナルの音楽付き体操)

        ♦キッズfunマッサージ

           (あかちゃんヨガ)

        ♦おなかを整えるマッサージ

           (チネイザン:腹部デトックスマッサージ)

        ♦ポンポン体操

           (ポンポンを持って音楽に合わせて親子で踊る♪)

         

        会場内のブースでは

        ♦ケアグッズ・足もみ

        ♦ほんわか温熱体験

        ♦パルシステム商品の試食

        ♦昔あそび

        ♦木のおもちゃ

         

        「健康」をテーマに幅広い世代が参加しやすいイベントになっており、

        平日にもかかわらず多くの方がご来場されました!

         

        我がまち支えあいワークショップ(第4回)

        2019.01.30 Wednesday 16:57
        0

          東習志野高齢者相談センター

          (東習志野地域包括支援センター)

           

           

          地域で行われている活動や

          地域が抱えている悩みを知り

          地域の「あったらいいな」を提案したり

          自分たちでできることを話し合う場

           

          我がまち支え合いワークショップ

           

          という 学習会 を定期的に開催しています。

           

           

           

          習志野市の地域包括支援センターには

          第2層生活支援コーディネーターが配置されており、

          この学習会は 第2層協議体 として位置づけています。

           

           

           

          1月29日、第4回目のワークショップには

          16名の方がご参加くださいました。

           

          今回も

          民生委員

          高齢者相談員

          コンビニエンスストア

          生活協同組合

          ワーカーズコープ・センター事業団

          配食サービス事業者

          社会福祉法人

          介護支援専門員

          社会福祉協議会

          習志野市役所

          という多様な顔ぶれです。

           

           

           

          前回のワークショップでは

          「買い物に困っている高齢者が社会資源(情報)を入手する手段」

          について考えました。

           

          ・市の広報誌、新聞の折り込みチラシ、地域新聞、回覧板などの紙媒体

          ・家族や友人・知人、近所の人たちの口コミ

          ・サロンや老人会など人が集まる場

          販売店舗での掲示物、移動販売車の音

          ・高齢者相談センター、民生委員、高齢者相談員、社会福祉協議会、ケアマネージャーなどの専門職や相談窓口

           

          と様々な意見が出ました。

           

           

           

          いずれにしても、まずは

          「買い物に関する社会資源をまとめたものが必要」という結論に。

           

           

          そこで今回は

          社会資源の見える化とマップ作りの検討

          をおこないました。

           


           

           

          2グループに分かれてワーク開始!

           

           

          まずは東習志野圏域の地図に買い物に関する社会資源を書き込んでいきました。

           

          「書き込みが少ないエリアがあるね」

          「移動販売が来てるんだけど、その後どこに行ってるんだろう」

           

           

          どんなマップになったか発表。気づきや課題についても話していただきました。

           

           

          グループ発表後は互いのマップを見る時間をつくりました。

           


           

           

          次に、マップ作りの検討。

          第2層協議体としては

          買い物に困った住民(75歳以上の一人暮らし)が

          その課題に応じたサービスや制度を活用して自ら問題を解決できる。

          また、問題解決のプロセスにおいてネットワークが形成され

          孤立を防ぐことができる

          ことを目標と設定し、

           

          それを達成するためのマップとして

          ・ページ数や大きさ

          ・情報の種類と量

          ・掲載する事業者やサービスのリストアップ

          などについて検討しました。

           

           

          ・地図があった方がいい

          ・いつでも見れるよう冷蔵庫に貼れるサイズ

          ・ファイルを用意してそこに入れられるといい

          ・分厚い冊子ではどこかにしまってしまう。見てもらえない

          ・圏域全体では広いのでいくつか分割した方がいい

          ・サポートセンターのような窓口が一つあって、そこから振り分けられるといい

          などの意見が。

           

           

           

           

          ここからマップ作りのイメージを固めていき

           

          ・A3サイズで両面使う

          ・圏域を2つにわけた地図を使う

          ・「宅配」「移動販売」など種類を分けて作る

           

          という方向になりました。

           

           

          次回は

          買い物に関する社会資源マップ

          の作成をおこないます。

           


           

           

          今回のワークショップ(第2層協議体)は

          千葉県生活支援コーディネーターフォローアップ研修の「協議体視察」として

          県内のコーディネーターの方々が多数視察に来られました。

            ※1月13日には上記研修において当センターのコーディネーターが実践報告をさせていただきました

           

           

          ワークショップ終了後は、協議体参加者と視察の方々で意見交換。

           

          当センターとしても参考になるご質問やご意見を多数いただきました。

          ありがとうございました!

           

           

          【らふたす】10食品群とタンパク質/身元保証サービス

          2019.01.18 Friday 15:24
          0

            東習志野高齢者相談センター

            (東習志野地域包括支援センター)

             

             

             

            当センターが定期的に開催している

            介護予防・集いの場

            らふたす+ 

             

             

            1月17日に開催しました。

             

             

            今回の学習テーマ,

            10食品群とタンパク質

             

             

             

             

             

            10食品群チェックシート用いて日頃の栄養バランスを振り返っていただきました。

            タンパク質は分解して「アミノ酸」になり、体内に吸収されます。

             

            アミノ酸のなかでも「必須アミノ酸」は、約20種類あるアミノ酸のうち、体内でつくり出すことができない9種類のアミノ酸のことです。

             

             

             

            イソロイシン 

             

            メチオニン

            トリプトファン

             

            ロイシン

             

            フェニルアラニン バリン

             

            リジン

             

            スレオニン ヒスチジン

             

             

            これらをバランスよく摂取することについて

            「アミノ酸スコア(食品中の必須アミノ酸の含有比率を評価するための数値)を使って

            解説しました。


             

             

             

             

            今回の学習テーマ△

            身元保証サービス

             

            厚生労働省作成の資料を使って学習しました。

             

             ‘常生活支援サービス

             ⊃噺喫歉撻機璽咼

             死後事務サービス

             

            これらを総称して「高齢者サポートサービス」といいます。

             銑すべてが提供されると限らず、事業者によってサービスの組み合わせが異なるので注意が必要です。

             

            必要な基礎知識としては

            ♦基本的に身元保証人がいなくても入院や介護施設等への入居は可能

            ♦高齢者サポートサービスの提供事業者いがいにも、地域によっては自治体や社会福祉協議会、あるいは弁護士・司法書士が死後事務の支援を提供している場合がある

            ♦誰に相談したらいいかわからない時は、すぐに契約するのではなく、本当に高齢者サポートサービスが必要かどうかを含め、まずは地域包括支援センターに相談する

            ♦契約に関する事でわからない時は、消費生活センターに相談する

             

            事業者によって内容や契約方法、料金等はさまざまです。利用にあたってはトラブルにならないよう事前によく確認することが重要です!!

             

             

            ブレーメン子ども食堂 1月

            2019.01.12 Saturday 09:41
            0

              こんにちは。レストランクックです!

              1月11日(金)新年明けて初めての子ども食堂を開催しました。

               

               

               

              この日のメインである「鶏手羽中のから揚げ」は、パルシステム千葉様から提供していただきました。

              アレルギー表記もしていますので、事前の確認をお忘れなくしてください。

               

               

              ブレーメン習志野に隣接する公園から撮影、こんな雰囲気でやっています。

               

               

              カメラを向けるとOKサインで答えてくれました。とってもかわいいです。

               

               

              食べ終えた後には下膳のお手伝い。みんな頑張って運んでくれます。

               

               

              ここ最近の恒例となりました。地域の方からいただいた折り紙をプレゼント

               

              ここで宣伝です。レストランクックでは、地域に開かれたレストランとして、

              ワンコイン(500円)ランチを行っています。

              写真は冬季限定メニューの鍋定食とゆず茶です。

              さむーい冬にぴったりのメニューとなっています。

               

               

              とっても寒い一日でしたが、

              この日も50名近いお子様とご家族が食べに来てくれました。

              次回は2月8日(金)を予定しています。

              冬本番となるこれからですが、体調を崩さないように皆さんお気を付けください。

              今年一年レストランクックと子ども食堂をよろしくお願いします!

               

              ブレーメン習志野の元日

              2019.01.01 Tuesday 14:45
              0

                新年明けましておめでとうございます。

                ブレーメン習志野です。

                 

                風もなく穏やかな元日、

                ブレーメン習志野、ショートステイのご利用者様と、

                隣の八幡稲荷神社へ初詣に行ってきました。

                約10名のご利用者様と職員が3回に分かれてお参りに行きました。

                 

                ♡今年も良い年になりますように♡

                 

                鳥居前で記念写真をパチリ、

                日本人にとってお正月にお参りをするってとても気持ちの良いものですよね。

                 

                エレベーター前には職員お手製の正月飾りも飾ってあります。

                 

                 

                ブレーメン習志野は、ちょうど八幡稲荷神社の裏手になります。

                天気も快晴、子どもたちも元気にキャッチボールをしていたりと、

                季節を感じる良い時間となりました。

                本年もブレーメン習志野をどうぞよろしくお願い申し上げます。

                健康意識調査2018(ブレーメンのラジオ体操)

                2018.12.19 Wednesday 14:17
                0

                  東習志野高齢者相談センター
                  (東習志野地域包括支援センター)
                   


                  介護予防・通いの場として当センターが毎週2回開催している
                  ブレーメンのラジオ体操

                  水曜日と金曜日の8:45からセンターに隣接した公園で
                  地域の方を対象に「ラジオ体操第一・第二」を行っています。

                   

                   

                   

                  2014(平成26)年9月からスタートしたこのラジオ体操会ですが
                  地域の方々に好評いただき、30名以上の方が参加されています。

                   

                   

                  11月に参加者を対象とした健康意識調査を実施しました。
                  体操の前後の時間を使ってアンケート調査を行い、
                  27名の方にご回答いただきました。

                   


                  回答者の属性については

                   

                   


                  世帯構成に偏りがないのは意外でした。


                   

                   

                   

                   
                  この2つのグラフからは、ラジオ体操会への参加意欲はあるものの
                  自宅でのラジオ体操実践にはなかなか結びついていないことがわかります。

                   


                   

                  交流を目的として参加している人が半数近くいます。
                   

                   

                  普段はラジオ体操を行っていない人が「交流」という動機を通じて
                  ラジオ体操の実践・継続につながっていることがわかります。

                   

                   


                   
                   
                    

                   

                   

                   

                  ラジオ体操を行っている人は健康に対する意識が高そうです。

                   

                   


                   

                  「ブレーメンのラジオ体操」は

                  NPO法人ラジオ体操連盟公認指導者資格である『1級ラジオ体操指導士』

                  を所持しているスタッフが毎回指導をおこなっています。

                   

                  ラジオ体操は正しい動きをすることで効果が変わってきます!


                  「ブレーメンのラジオ体操」に参加することで正しいラジオ体操ができるようになり
                  身体面での効果を実感している人がたくさんいたのは非常にうれしいです!

                   

                  また「体調が良い」と回答した人が半数以上いることがわかりました。
                  この項目は感覚的なものなので、精神面での調子も影響すると考えていました。
                  体操会を運営してきた実感としては、運動だけでなく「規則正しい生活習慣」や「他者との交流」が大きくこの項目に関わっているような気がします。

                   


                  今回のような健康意識調査は初めておこないましたが
                  今後も継続して調査を行っていく予定です。

                   

                  category:ブレーメン習志野 | by:八千代美香会 | - | -

                  ブレーメン子ども食堂 12月

                  2018.12.15 Saturday 11:27
                  0

                    こんにちは。ブレーメン習志野です。

                    併設のレストランクックにて定期的に子ども食堂を開催しています。

                    12月14日(金)年内最後の子ども食堂を開催しました。

                    この日のメニューは、Xmasが近いこともありクックのシェフ考案の、

                    バターライス、鶏肉のフリカッセ、ポパイサラダ、ミネストローネ、手作りぶどうゼリー

                    栄養満点でとても美味しそうです♪

                    この日は35名の来場者がありました。

                    「クック」の美味しいごはんを食べてもらい嬉しい限りです。

                    ごはんを食べた後には、地域の高齢者が折ってくれた折り紙をプレゼント♡、

                    「どれにしようかなぁ・・・」

                    この日はお手伝いいただいたボランティアさんにも夕食を提供、

                    いつもありがとうございます!

                    年内最後の子ども食堂でしたが、沢山のこども達が食べに来てくれました。

                    地域に開かれた食堂として、

                    今年もレストランクックをご利用いただきありがとうございました。

                    次回の子ども食堂は、1月11日(金)を予定しています。

                    多くのこども達のお越しをお待ちしています。

                    レストランクックは、大晦日12月31日まで営業しています。

                    ランチでのお越しもお待ちしています。

                    category:ブレーメン習志野 | by:八千代美香会 | - | -

                    【らふたす】自己指圧(第2回)

                    2018.12.07 Friday 15:26
                    0

                      東習志野高齢者相談センター

                      (東習志野地域包括支援センター)

                       

                       

                       

                      当センターが定期的に開催している

                      介護予防・集いの場

                      らふたす+ 

                       

                       

                       

                      12月6日に開催しました。

                      今回の学習テーマは先月に引き続き

                      自己指圧

                       

                       

                      講師に指圧・マッサージ師の高田先生をお招きし、

                      自分で行う指圧についてご講義いただきました。

                       

                       

                       

                       

                      WHOでは経穴(ツボ)は361あるとしています。

                      指圧はこの経穴を押すことにより「気」と「血」の滞りを治し流れをよくします。

                       

                       

                      指圧により期待される効果は

                      ♦筋肉の柔軟化

                      ♦体液循環の促進

                      ♦神経機能の調和

                      ♦皮膚機能の活発化

                      ♦気血の滞りの解消

                      とのこと。

                       

                      今回は

                      腰→尻→腹→足

                      の指圧についてご指導いただきました。

                       

                      「『第2の心臓』ともいわれるふくらはぎは指圧のし過ぎに注意!」

                       

                       

                      「足三里」 「三陰交」 「湧泉」 など

                      特に健康に役立つと言われるツボについて丁寧に解説してくださいました。

                       

                       

                       

                       

                      「指圧の心は母心、おせばいのちの泉湧く」

                       

                       

                      category:ブレーメン習志野 | by:八千代美香会 | - | -

                      採用サイト BIKOU STYLE
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM