東習志野圏域グループホーム連絡会を立ち上げ

2019.10.23 Wednesday 10:23
0

    東習志野高齢者相談センター

    (東習志野地域包括支援センター)

     

     

     

    東習志野圏域のグループホームが

    地域の中の「認知症ケア拠点」として在宅介護を支える様々な活動を高齢者相談センターと連携して行う

    とを主な目的として、

    東習志野圏域グループホーム連絡会(東習GH連絡会)を立ち上げました。

     

     

    これまでグループホーム間の情報共有・連携等の場が少なかったことから

    当センターが圏域の3グループホームに呼びかけ、今回連絡会を立ち上げることになりました。

     

     

     

    グループホーム(認知症対応型共同生活介護)は介護保険の認定を受けて利用するサービスです。認知症と診断された高齢者が共同で生活できる場で、食事・入浴などの介護や支援、機能訓練が受けられます。1つの共同生活住居に5〜9人と少人数で、家庭的な環境のもとスタッフが専門的なケアを提供します。

     

     

     


     

    10月21日、初回の連絡会では

    これまでの地域とのかかわり

    運営推進会議の構成員・内容や会議によって明らかになった課題

    グループホーム間の交流や連携

    今後の連絡会の在り方

    などについて話し合いました。

     

     

    東習志野圏域には

    グループホームあかしや

    小規模多機能・グループホーム楽家習志野

    グループホームメタセ

    3つのグループホームが事業を運営しています。

     

    これからこのメンバーでの連携をより強化し、サービスの質の向上や地域に向けたさまざまな活動の展開を目指していきます。

     

     

    第5回 あそびとまなびの広場「らふたす」

    2019.10.15 Tuesday 13:09
    0

      東習志野高齢者相談センター

      (東習志野地域包括支援センター)

       

       

      毎月、子ども食堂のオープン前の時間帯に開催される、あそびとまなびの広場「らふたす」。

      10月11日(金)に開催しました。

      参加者はお子さん9名、親御さん8名、シニアの方1名の合計18名。

       

      大型台風が接近していることもあり、シニアの参加は少なかったですが、親子の参加はいつもとあまり変わりなく、リピーターの方もたくさん参加してくださいました。

       

       


       

       

      折り紙で「おきあがりこぼし」「ピカチュウ」を作りました。

       

       

       

      今回で5回目の開催になりますが、昔遊びのあやとりやお手玉で遊ぶお子さんが増えてきました。

      前回の「らふたす」で覚えたあやとりの『ほうき』を自信満々に披露してくれた子も!

       

       

       

       

       

      事前にシニアの方が作ってくださった折り紙の「コマ」などは子ども食堂で食べた子供たちにプレゼントしました〜

       

       

       

      あそびとまなびの広場「らふたす」は、毎月第2金曜日の15時30分〜17時に開催しています。

      次回は11月8日(金)の開催です。

      お子さんからシニアまで、どなたでも利用できますので、お気軽に参加下さい!

       

      ブレーメン子ども食堂 令和1年10月開催

      2019.10.11 Friday 19:22
      0

        こんばんは。ブレーメン習志野です。

        台風19号の上陸が心配されますが、本日子ども食堂を開催しました。

        こんな天気であったため、

        子どもたちは来てくれるだろうかと心配していましたが、

        今日もたくさんの子ども達が来てくれました。

         

         

        今日のメニューは、ごはん、鶏のから揚げ、具沢山みそ汁

        白菜とりんごのサラダ、みかんです。

        から揚げとみそ汁の野菜、みかんはパルシステム千葉さまからの寄付品です。

        いつもありがとうございます。

         

         

        一家だんらんでのお食事の様子、ごゆっくり食べていってください。

         

         

        この日は、職員手作りの品をプレゼント、

        かわいい手芸品に女の子は喜んでくれました。

         

        台風19号の上陸が心配の中での子ども食堂でしたが、

        少しでも子ども達が食事を楽しんでくれたら嬉しく思います。

         

        ここで宣伝です。

        下は10月からのレストランクックのメニュー表になります。

        クックの営業は、ランチ時間の11時30分〜14時30分まで、

        皆さまのお越しをお待ちしています!

         

         

        ブレーメンのラジオ体操 2019秋のラジオ体操週間

        2019.10.11 Friday 15:05
        0

          東習志野高齢者相談センター

          (東習志野地域包括支援センター)

           

           

          介護予防・通いの場として

          当センターが毎週2回開催している

          ブレーメンのラジオ体操

           

           

          水曜日と金曜日の8:45からセンターに隣接した公園で

          地域の方を対象に「ラジオ体操第一・第二」を行っています。

          雨天の場合は屋内(ブレーメン習志野)で開催するようにしています。

           

           

          10月7日〜10月11日は

          「秋のラジオ体操週間」 と銘打ち

          月曜日から金曜日まで毎日おこないました。

           

          普段は「ラジオ体操第一・第二」ですが

          この期間中は「みんなの体操」と「ラジオ体操第一」です!

           

           


           

           

           

          「みんなの体操」は

          1999年(平成11年)に国連が制定した「国際高齢者年」のテーマ

          『すべての世代のための社会をめざして』に基づき、作られた体操です。

          今年は20周年!!

          8種類の運動を4分30秒かけてゆっくり行います。

           

           

           

          NHKの「テレビ体操」で行われているのですが馴染みがない人も多いため

          1級ラジオ体操指導士であるスタッフが動きのポイントを指導!!!

           

           

           

          スポーツの秋はラジオ体操から!

          当センターはこれからもラジオ体操を通じて介護予防を推進していきます。

           

           

          【らふたす】認知症セミナー&脳年齢測定(谷津薬局)

          2019.10.08 Tuesday 10:41
          0

            東習志野高齢者相談センター

            (東習志野地域包括支援センター)

             

            当センターが定期的に開催している

            介護予防・集いの場

            らふたす+ 

             

            今回は日本調剤 谷津薬局

            薬剤師 玉造良子先生

            管理栄養士 佐野実季先生

            管理栄養士 齋藤里乃先生

            をお招きし、認知症についての講義と脳年齢測定、個別相談会をおこないました。

             

             

            谷津薬局は2018年7月より「健康サポート薬局」に適合しています。

            「健康サポート薬局」とは、

            地域にお住まいの方や患者さまの健康の保持増進への取り組みを積極的に支援する機能を有する薬局です。

            市販薬や健康食品等の適切な使い方のアドバイスや、健康相談等を行うほか、地域の医療機関や行政機関との連携を行っていくことが求められます。

            「健康サポート薬局」になるには、健康サポート薬局に関して厚生労働大臣が定める基準に適合する必要があります。

             


             

             

            はじめは玉造先生による認知症セミナー。

             

             

            早期発見や認知症予防のための生活習慣のポイント、診断・治療薬などを解説いただきました。

             

             

             

             

            みんなで「早期発見チェックリスト」を記入。

             

             


             

             

            セミナー後は脳年齢測定と個別相談会を実施。

             

             

            画面に表示された数字を順番にタッチする方法で測定します!

             

             

             

             

            測定結果についての解説も個別にしてくださいました。

             

             

             

             

            多くの参加者が個別に相談されていました。

             

             

             

            測定を待っている間は椅子に座って行える簡単なストレッチや運動!

             

             

            谷津薬局は、どなたでも健康相談やご自身の健康度測定ができる薬局内専用コーナー「健康チェックステーション」を併設しています。

            今回は「健康サポート薬局」の活動の一環としてセミナー&測定会をおこなっていただきました。

            谷津薬局の皆様、ありがとうございました。

             

             

            認知症サポーター交流会

            2019.10.07 Monday 14:00
            0

              東習志野高齢者相談センター

              (東習志野地域包括支援センター)

               

               

              認知症サポーターの

              「継続的な学習・情報収集の場」

              「活動をサポートする場」

              として、認知症サポーター交流会 を開催しました。

               

               

              「養成講座だけでなく、サポーターの活動を支援できるような場を作っていきたい」

              と考えていた東習志野圏域キャラバンメイト・ネットワーク「ひまわりの会」と準備を進めてきました。

               

              これまで定期的に認知症サポーター養成講座を開催してきましたが

              サポーターの交流・フォローアップの企画は初めてになります。

               

               


               

               

              最初に高齢者相談センター(地域地域支援センター)の紹介です。

              認知症に関する身近な相談窓口として必ず知っておいてほしいところです!

               

               

               

               

               

              市内の各種イベントを紹介。

              習志野市でも毎年認知症サポーターフォローアップ講座を開催しています。

              また、普及啓発として認知症メモリーウォーク、RUN伴、

              予防として「脳の活性化プログラム」も開催知れています。

               

               


               

               

              今回は11/2に開催予定のRUN伴で使用する旗をみんなで作成しながら交流を深めました。

               

               

               

               

              習志野市役所高理恵者支援課による「認知症サポート事業所」の紹介。

              習志野市では認知症の人とその家族を積極的に支援している事業所を「認知症サポーター事業所」として登録し、ホームページ等で公表しています。

              また、「ならしのオレンジテラス」として登録し、認知症カフェの運営を支援する補助金制度もあります。

               

               


               

               

              続いて東習志野圏域で運営されている認知症カフェの紹介。

              カフェのスタッフの方から紹介していただきました。

               

               

              「ネストことりカフェ」の紹介。

              デイサービスネスト実籾が毎月第4日曜日の午前に開催しています。

               

               

               

               

              「メタセカフェ」の紹介。

              習志野偕生園が毎月第2日曜日の午後に開催しています。

               

               

               

              習志野市社会福祉協議会よりご提供いただいた資料を用いて

              ボランティア活動について紹介しました。

              グループホームやデイサービス等での傾聴ボランティアのニーズについて

              お話ししたところ、

              傾聴ボランティアの活動に興味を示してくださる方がたくさんいらっしゃいました。

               

               

              今回はこのほかにも

              認知症の人と家族の会の活動や当事者のメッセージを動画で紹介したり、

              「認知症とともに生きる希望宣言」を皆さんに配布しました。

               

               

               

              「いろんなことをやっているのがわかった」

               

              「傾聴ボランティアをやりたい」

               

              「オレンジリングを身につけた活動するようにしたい」

               

              「認知症カフェに参加したい」

               

               

               

              初めての交流会でしたが

              活動に前向きな話がたくさん出ました。

              実際の活動に結び付くよう今後も支援を続けていきます。

               

               

               

              当センターでは引き続き

              認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを進めていきます。

               

               

               

               

               

              【東習ケア会議】 

              2019.10.04 Friday 11:00
              0

                東習志野高齢者相談センター

                (東習志野地域包括支援センター)  

                 

                 東習志野高齢者相談センターでは定期的に東習志野ケア会議を開催しています。

                 医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、メディカルソーシャルワーカー)

                 介護関係(ケアマネジャー、デイサービス、ヘルパーさん)

                 圏域の民生委員、高齢者相談員等々

                 毎回多数の方に参加頂いています。

                9月18日には、今年度第2回目の東習ケア会議を開催しています。

                 

                前半は

                NPO法人「成年後見なのはな」加藤木氏を講師にお迎えし、「成年後見制度のいま」と題したご講義をしていただきました。

                今年4月に改訂された類型を決めるための診断書と新設された本人情報シートについての説明を中心に、法定後見と任意後見について学習しました。

                後半は 

                認知症疑いのある70代後半の女性と軽度知的障がいのある40代の長女という2人暮らし世帯を通し、「どのようにして多職種と連携していくか」を考えるグループワークを行いました。

                どのグループの発表からも、連携先の1つとして‘地域包括支援センター’の名前があがっており、改めて地域の相談先としての役割を実感しました。

                誰からどこへ相談が入ったかによって介入の順番は違ってきますが、ご本人たち2人ともが幸せに暮らせることを第一に考えて、介入、他機関との連携をしていくならば最終的な終着点は同じになるはずだと思っています。

                 

                 

                 

                 

                 

                ブレーメン子ども食堂 のんびるに掲載されました。

                2019.09.20 Friday 12:00
                0

                  ブレーメン子ども食堂の取組みが、

                  パルシステムの広報誌「のんびる」に掲載されました!

                  ちょうどこの10月でブレーメン子ども食堂は開店から3年が経過します。

                  試行錯誤しながら取り組んできましたが、おかげ様で徐々に地域の子ども達に

                  認知されつつあります。

                  「のんびる」にはインターネット版もありますので、そちらもご覧ください。

                   ”KOKOCARA”を検索すると閲覧できます。

                   

                   

                  ここからは9月の子ども食堂の報告です。

                   

                  9月13日(金)子ども食堂を行いました。

                  今月のメニューは、ご飯、具沢山みそ汁、豚肉のこうじ味噌焼き、

                  ほうれん草のコーン和え、チョコパイ です。

                  下の写真は幼児用100円です。豚肉はパルシステム千葉さま、

                  チョコパイは地域の方からの寄付品です。

                   

                   

                   

                   

                  子ども食堂のひとこま・・・ボランティアの方との交流もあります。

                   

                   

                   

                  この日も17時から18時30分くらいにかけて、

                  合計50名くらいの子どもとそのご家族、お友達と食べに来てくれました。

                   

                   

                  次回は10月11日(金)の予定です。

                  皆さまのお越しをお待ちしております。

                   

                  第4回 あそびとまなびの広場「らふたす」

                  2019.09.18 Wednesday 16:00
                  0

                    東習志野高齢者相談センター

                    (東習志野地域包括支援センター)

                     

                     

                    毎月、子ども食堂のオープン前の時間帯に開催される、あそびとまなびの広場「らふたす」。

                    今回は9月13日(金)中秋の名月に開催となりました。

                    参加者はお子さん14名、親御さん5名、シニアの方々3名の合計22名。

                     

                    中秋の名月といえば、十五夜うさぎ・・・ということで、今回は折り紙で簡単にできるうさぎさんをおしえてもらって、みんなで折りました。

                    写真にあるのは、おきあがりこぼしです。

                    これも簡単に作れてかわいいので、好評でした。

                    今回、昔遊びのあやとりに興味を持ったお子さんが多かったのが印象的でした。

                    大人におしえてもらいながらも、うまくひもが指で掬えず、失敗を何回かしながらできた作品は喜びもひとしお。

                    ‘ほうき’が上手にできて、喜び勇んでママに見せに行ったお子さんもいました。

                    「らふたす」も今回で4回めになり、折り紙、昔遊びを楽しみにレギュラーで来てくれるお子さんたちが増えてきました。

                     

                    あそびとまなびの広場「らふたす」は、毎月第2金曜日の1530分〜17時に開催しています。

                    次回は10月11日(金)の開催です。

                    お子さんからシニアまで、どなたでも利用できますので、お気軽に参加下さい!

                     

                     

                    【らふたす】自己指圧教室(第5回)

                    2019.09.06 Friday 15:53
                    0

                      東習志野高齢者相談センター

                      (東習志野地域包括支援センター)

                       

                       

                      当センターが定期的に開催している介護予防・集いの場

                      らふたす+ 

                       

                      9月5日に開催しました。

                       

                      今回の学習テーマは『自己指圧』。

                       

                       

                       らふたす+』では恒例になってきた自己指圧教室!

                      今回も講師は指圧・マッサージ師の高田先生。

                       

                       

                       

                      今回の自己指圧教室は上半身を中心に。

                      昨年も同様のものをやっていただいているので今回は「中級編」です!

                       

                       


                       

                      自己指圧の前に準備運動

                       

                       

                       

                      頭のてっぺんのツボ「百会(ひゃくえ)」から正中線に沿って指圧。

                      百会は頭の血流をよくするつぼで、「スッキリする」と言われています。

                       

                       

                       

                      耳の指圧も。耳を引っ張るときは上と横に。下に引っ張ってはダメ。

                       

                       

                       

                      肩コリに効くツボ「肩井(けんせい)」を押します。

                       

                      三角筋

                      肩甲挙筋

                      大円筋・小円筋

                      僧帽筋

                       

                      肩こりに関連する筋肉について詳しく解説してくださいました。

                       

                       

                      「自己指圧」がテーマですが、

                      自分では届かない肩甲骨と背骨の周りは2人1組になって押しました。

                       

                       


                       

                       

                      講義のあとはいつものように「遊んで認知症予防」!!

                       

                       

                       

                      画用紙を使って「火の鳥」を制作しました〜!

                       


                      採用サイト BIKOU STYLE
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM