【らふたす】成年後見制度とは/手帖づくり

2019.07.05 Friday 08:47
0

    東習志野高齢者相談センター

    (東習志野地域包括支援センター)

     

     

    当センターが定期的に開催している

    介護予防・集いの場

    らふたす+ 

     

    7月4日に開催しました。

     

    今回の学習テーマは

    〜成年後見制度とは〜

     

     

    参加者からの希望が多かったテーマです。

     

     

    認知症、知的障害その他の精神上の障害があることにより財産の管理や日常生活等に支障がある人たちを社会全体で支え合うことが、高齢社会における喫緊の課題となっています。

    平成28年に成年後見制度の利用の促進に関する法律施行され、

    平成29年には成年後見制度利用促進基本計画が閣議決定されました。

    そして平成30年4月より厚生労働省は成年後見制度利用促進室を設置し、成年後見制度利用促進基本計画に基づき、これらの施策を推進しています。

     

     

     


     

     

    「2019年版暮らしの豆知識」(国民生活センター発行)

    を活用して学習を進めていきました。

    今年度の「らふたす」はこの本を活用して学習を進めています!

     

     

     

     

    当センターの社会福祉士が

    補助、保佐など後見制度の種類から申し立て〜審判までの流れ、費用などを解説しました。

     

     

    習志野市には成年後見制度全般に関する相談や、後見等に関する相談ができる

    「習志野市成年後見センター」があります。

    センターのある習志野市社会福祉協議会(秋津)まで行くのが難しい場合は

    職員が自宅に訪問することも可能となっています。

    ぜひご活用ください!

     

     

     

     

    後半は手帖づくり。

    4月の「らふたす」では生地を選び、必要なサイズにカットしました。

    今回はその生地を厚紙に張り付け、手帖の表紙を作成しました。

     

    皆さん集中して作業に取り掛かっていたのでとても静か・・・・・

     

     

    この手帖は

    入院時等急なときにいろいろと聞かれても困らないように、

    またエンディングノートとしても活用できるものとして

    1年かけて完成させていきます!

     

     

     

     

    Comment