認知症サポーター養成講座2019秋

2019.11.21 Thursday 11:29
0

    東習志野高齢者相談センター

    (東習志野地域包括支援センター)

     

     

    当センターは定期的に

    認知症サポーター養成講座

    を開催しています。

     

    11月16日(土)、地域交流プラザブレーメン習志野で開催した講座には36名が参加。

     

    今回は3名のキャラバン・メイトに講義をお願いしました。

     

     


     

    冒頭で寸劇。物忘れのある母と娘の会話。

     

     

     

     

    認知症サポーターについては、国の認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)において1200万人(令和2年度末)の養成が目標として示されています。

    習志野市では平成21年度から要請を開始し、これまでのべ1万人以上を養成しています。  

    ※30年度末までで9910人。30年度は1255人養成。

     

    平成30年度末、習志野市の人口は約17.3万人、高齢者は約4万人です。

    高齢化率は23.19%となっており、年々増加しています。

     

     


     

     

     

    認知症予防として簡単な手指の運動や

     

     

     

     

    簡易的な脳梗塞チェックも!

     

     


     

     

     

    高齢者相談センターからは、地域の社会資源や家族の会などの情報提供や

    9月に行った認知症サポーター交流会など、サポーターの活動についてお話させていただきました。

     

     

    当センターはこれからも

    認知症サポーター養成講座を開催、また開催を支援し、

    認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを進めていきます。

     

    Comment








       

    採用サイト BIKOU STYLE
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM