緑が丘はぐみの杜保育園『新年を迎えて』

2020.01.09 Thursday 12:04
0

    新年がスタートし、4日目。感染症による園児のお休みもなく、平穏なスタートをきることができました。

     

    我が家でも食べたことのない七草を、この時期に保育園ではいつも給食で提供しています。

    風習が伝わりにくい時代ですが、「聞いたことがある」「みたことがある」「たべたことがある」

    という経験の機会を提供したいと、毎年栄養士が工夫を凝らして伝えようとしてくれています。

    具体的な説明は給食だよりでお伝えした上で、提供当日に七草ご飯の給食サンプル横で、実際の七草をお見せしています。

     

     

    また明日行う「おもちつき」体験にむけて、もち米とうるち米の違いを見比べたり、教わったりする機会を

    毎年提供しています。(幼児クラス対象)

    お餅つきでは、つく前のもち米を食べてみたり、実際についてみたりと多くの経験ができるよう

    工夫しています。その経験の効果を高めるためにも事前の取り組みが大切だと考えます。

    感想や気付きを子どもたち同士で話し合うことも、その効果を高める気がします。

    小さなことですが、今年も小さなことこそ丁寧に実践していきたいと思います。

     

     

     

    Comment